避妊・ピルimage01 避妊・ピルimage02 避妊・ピルimage03

月経コントロール

子供を望まない時には避妊することが必要になりますね。
避妊の方法には、コンドームの使用が一般的になります。
しかし、コンドームで行なう避妊の場合は約3~15%の割合で失敗することもあるのです。
確実な避妊方法にはなりません。その原因としてコンドームや破けてしまったり、外れてしまうことがあります。
コンドームの使用は基本的に男性の意志に委ねられるものです。

女性が自分の意思で避妊する方法もあります。
その方法の1つがピルの使用になります。ピルは生理がこない無月経の場合や、生理不順の時にも服用される薬になります。
避妊効果が高いことも魅力的な部分になります。ピルは女性のホルモンバランスをコントロールするものです。

同じように女性の意思で行なう避妊方法には、膣内に避妊具を挿入する方法と、避妊の手術を受ける方法があります。
これらは、少なからず身体への負担が生まれてくる方法になり、したくないと感じる女性も出てくるかもしれません。
もし妊娠したいと思ったタイミングが来た時のことを考えると、ピルを使った方法が1番自分の妊娠サイクルをコントロールしやすい方法になっています。

ピルの使用は生理が始まっている女性であれば10代から40代までの世代で使用することが出来るものです。
毎日ピルを飲むことで、生理周期を正確にコントロール出来るようになり、妊娠の心配もなくなります。
妊娠しない理由はピルに含まれる、妊娠した時に分泌される女性ホルモンの影響があります。
このホルモンを摂取することで、排卵を止めることができるようになります。
排卵がなければ女性は妊娠出来ません。そのため高い確率で妊娠を予防できるようになるのです。

後で飲めるから選ばれているアフターピルも取扱いは東京のクリニックで行われています。妊娠や性病のリスクを背負わない為にも、相談してみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加